スポンサーサイト

  • 2011.06.04 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


まぐろの変わりフライ

 こんにちは。中村創です。

昨日から、ちょっと寒いですよね。

気温の温度差が激しいと、最近からだがついていけなくなってきている感じが・・・。

そんな中村創が、今日もマグロ料理を紹介しますよ。


マグロの変わりフライ

材料 (4人分)

マグロ(塊)...300g
ショウガ汁...小さじ2
塩...少々
コショウ...少々
ベーコン...3枚
グリーンアスパラガス...2本
セロリ...1/2本
薄力粉...適量
卵...適量
[材料群(a)]
パン粉...50g
パルメザンチーズ...10g
みじんパセリ...大さじ1
揚げ油...適量
サラダ菜...4枚
レモン...1/2コ


<作り方>

  • 1.マグロは薄切りのものを6枚取り、ショウガ汁、塩、コショウで下味をつけます。
  • 2.ベーコンは半分に切り、グリーンアスパラガスはハカマを取ってサッとゆで、3等分にします。セロリは筋を除いてグリーンアスパラガスと同様の棒状に切ります。
  • 3.(1)の汁気を切って(2)を巻き、薄力粉、卵、合わせた材料群(a)の順につけ、中温の油でカラッと揚げます。
  • 4.器にサラダ菜を敷き、斜め半分に切った(3)とくし形切りのレモンを添えます。



  • 刺身にするなら・・・・。

     中村 創刺身はサーモンとイカが大好物なんです!
    今日はまぐろのカロリーについてです。

    くろまぐろの赤身の可食部100gを元に算出した、まぐろのカロリーは125kcalです。

    また、たんぱく質は26.4g、脂質は1.4g、炭水化物は0.1gになります。

    赤身ではなく脂身になると、カロリーは344kcalに上がります。

    まぐろは寿司や刺身でお馴染みの赤身魚です。大きいものは体長3m、体重500kgにもなります。

    日本は世界一のまぐろ消費国で、世界全体の水揚げの約50%以上を消費していて、その半数は輸入物で、輸入先は70ヶ国以上にも及びます。


    マグロの種類

     中村 創まぐろって聞くと鼻がピクピクします・・・。

    世の中にはマグロといっても結構な種類のマグロがいるのです、主に私たちが食用としているマグロを紹介します。
    • ホンマグロ(クロマグロ)・・・赤身、脂共に絶品で寿司ネタに重宝されている、捕獲量も少なく高値で取引されているマグロ。体長も大きくマグロの王様です。
    • ミナミマグロ(インドマグロ)・・・寿司ネタでホンマグロと同様重宝されていますが南半球でしか生息していません、しかし捕獲されたインドマグロの多くは日本に輸出されているのです。
    • メバチマグロ・・・一般的な寿司ネタ、日本人が口にするほとんどの寿司ネタがこのメバチなのです。マグロとしては中型ですが捕獲量が豊富。
    • キハダマグロ・・・中型のマグロで肌が少し黄色がかったマグロ、肌の変色が起きにくいため刺身や缶詰など幅広く利用されています。
    • ビンナガマグロ・・・マグロの中では小型で胸びれが長いことが名前の由来。味が淡白なので主に加工食品として市場に出回っています。

    マグロの部位について!

     中村 創の一回は大トロをお腹いっぱい食べてみたいです。

     マグロの定番赤身、江戸時代にどうやってマグロを捕獲していたのかはわかりませんが、調理するときには赤身を残してトロの部分は全て捨てていたそうです。もったいないぞ江戸っ子!なぜマグロはこんなに人々に愛されるのか、部位によってどのように味が違うのでしょう?
    • トロ・・・マグロの"腹カミ"と言われる部分、とても脂が乗っていてマグロの中でもっとも美味しいと言われている部分である。
    • 中トロ・・・マグロの"腹ナカ"と言われる部分、一般的に馴染みのあるトロ、身は引き締まっていながら脂も乗っていて非常に美味な部分。
    • 赤身・・・マグロの"腹ナカ""背カミ""背ナカ""背シモ"の部分を指す、マグロの身のほとんどがこの赤身です、寿司ネタとしてもお馴染の部分ですね。
    • カマ・・・頭の下のエラの近くにある部位、脂も乗っていて塩で焼いて食べるととても美味。
    • ・・・一般的にはあまり食べない、というか調理するのに手間がかかるのです。カブト焼きはアルミホイルで2,3重ににくるんで焼きましょう。

    食べすぎには禁物です。適度が一番!

    中村創の食生活はメタボまっしぐらです・・・。
    そろそろ自分の身体をいたわってあげないといけないですね。
    今日も中村創の話はマグロです。
    マグロを食べ続けるとどうなる?まぐろはたんぱく質が豊富なので日常的に食べ続けると、生活習慣病を引き起こすリスクが高まります。まぐろを食べ続けたことで糖尿病を患うケースは現在でも多いのですが、それ以外にも動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

    マグロの名前の由来

     中村 創のまぐろ大好き
    今日も中村 創の話はマグロです。

    関東大震災以後(1923年)、少しずつ広まったトロですが、冷蔵庫の発展とともに現代の魚の王様の地位を築ききあげました。
    広まった理由にはいろいろな説があるのですが、学生が当時安いトロを食べておいしく、それえを地元に持ち帰り広まった、またすし屋でトロッとした脂があるよと言うところから広まった説とあります。
    いずれにせよ腐敗しやす状態が回避されたら広まるのは必然でしょう。
    それともう一つ社会情勢とし明治維新以後、日本の食事が洋食化してきたところも関係しています。
    もともと日本人は淡白な味を好んでいましたが、当時ごろから肉に対しても抵抗なく食べているところから、嗜好が変わったといっても過言ではないでしょう。

    おいしいマグロの見分け方

    中村創のちょっとした知恵袋!!
    今日も中村創の話はマグロです。
    おいしいマグロを見分けるコツは?おいしいマグロを見分けるコツはずばり、色です。
    まぐろの色が鮮やかな(=ライトな)赤身を帯びていれば、それが新鮮な証拠です。
    逆にまぐろの色に黒味がかかると、鮮度が落ちている証拠になります。

    中村創 まぐろ大好きです!

     こんにちわ!中村創です!
    今日も大好きなマグロの話しようと思います!

    全長は60cmほどのものから3mに達するものまで種類によって異なる。最大種タイセイヨウクロマグロは全長4.5m・体重680kgを超える。最大泳動速度は約100kn(ノット)。

    体型は紡錘形で、体の横断面はほぼ楕円形、は胸鰭周辺を除けばごく小さいかほとんど無く、高速遊泳に適した体型である。吻はわずかに前方に尖る。尾鰭は体高と同じくらいの大きな三日月形だが、それ以外の各鰭は小さい。第二背鰭と尻鰭の後ろにはいくつかの小離鰭(しょうりき)がある。ただし、種類や成長段階によっては胸鰭・第二背鰭・尻鰭などが鎌状に細長く伸びるものもいる。

    筋肉内の血管動脈静脈が近接する、いわゆる「奇網」(き もう : Rete mirabile)という構造を持つ。これで体内の熱が逃げるのを防ぎ、体温を海水温より高く保って運動能力の低下を抑える。また、水中を最高で魚雷並み の時速90キロ程度で泳ぐことができる。これは学術的には証明されていないが、体の表面のやわらかな粘膜が水との抵抗を少なくするためだと考えられている

    大間のマグロは有名ですね!
    死ぬまでに一回食べてみたい!
    中村創 大間のマグロ死ぬまでに1切れ食べたいです!

    中村創のマグロについて

     こんにちは、中村創です。
    無類のマグロ好きです!値段が高騰していると聞き
    かなりショックを受けました。。。

    イソマグロという、珍しいマグロがいるということを聞きました。
    学名 Gymnosarda unicolor は、スズキ目・サバ科に分類される魚の一種です。インド太平洋の熱帯域に広く分布する大型肉食魚で、釣りの対象として人気があります。地方名としてイソンボ、タカキン(奄美)、トカキン(沖縄)などがあるそうです。

    イソマグロ属性でマグロとは属性が異なるそうです。

    南日本からポリネシア、オーストラリア北岸、紅海、アフリカ東岸まで、インド洋と西太平洋の熱帯域に広く分布しているそうです。和名通り外洋に面した沿岸部や島嶼の周辺に多く、日本でも伊豆・小笠原諸島や南西諸島に多いです。

    数十尾ほどの小さな群れを作り、岩礁やサンゴ礁の斜面周辺を遊泳します。食性は肉食性で、同様の環境を好むムロアジやタカサゴなどの魚をよく捕食する他、イカなども捕食します。

    大型で、引きも激しいので釣り好きにはたまらないですね♪

    きになるお味ですが、脂肪分が少なくマグロより味が劣るそうです。。。残念
    おまけに、大きなサイズのイソマグロは毒があります!

    食用には向かないようですね、、、。